基本を押さえて美肌を手に入れる!毎日続けたい正しい洗顔方法

手の汚れを洗い落とす

洗顔の前に、まず手の汚れを綺麗に洗い流しましょう。手に汚れや雑菌が残っていると、顔に付着しニキビや炎症などの肌トラブルの原因となります。石鹸を使い、爪先や指の間の細かい部分まで、丁寧にしっかりと洗い流しましょう。手を綺麗にしたら軽く水分を拭き取り、洗顔フォームを乗せます。

洗顔料を泡立て顔に乗せる

綺麗にした手のひらの上に洗顔フォームを乗せたら、水分を足しながら泡立てていきます。泡はきめ細かく、手のひらを逆さにしても落ちにくいくらいの濃さで泡立てましょう。手で泡立てるときは、手のひらで全体的に泡立てたら、大きな泡を表面で潰すように指先で細かく泡立てます。上手く泡を作れない場合は、専用のネットを使い泡立てましょう。

綺麗に泡立てたら、額、鼻、両頬、顎に泡を乗せていきます。顔の中央から外側に向かい、指先を使い泡で顔の表面を撫でるように洗っていきます。ゴシゴシ洗いは厳禁です。泡で撫でるくらいの優しい力で洗っていきましょう。小鼻や目の周り、口周りなど凹凸部分の洗い忘れがないように気を付けながら洗います。

洗顔料を洗い流して仕上げ

顔全体をしっかりと泡で洗ったら、ぬるま湯で洗顔料を洗い流していきます。熱すぎるお湯は顔に必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥を引き起こしてしまうので、人肌目安のお湯を使いましょう。

洗い流す時は手のひらで顔を覆うように流していきます。この時も、ゴシゴシ洗いは厳禁です。顎の先や髪の毛の生え際などの部分は洗い残しが多いので、鏡を見ながらしっかりと洗い流していきましょう。

品川美容外科の告訴について調べる