天然の万能美容クリーム!?シアバターの使い方とその効果

万能な美容の助っ人・シアバター

新しい美容用品の一つとして最近注目されるようになった「シアバター」。でも「シアバターって何?」という人も多いかもしれませんね。

シアバターとは、中央アフリカ周辺に自生する「シアーバターノキ」という木の実の種子から生成される天然の油脂です。シアバターが取れる国々では、赤ちゃんの肌を守るために塗ったり、火傷や傷の治療などの万能薬として古くから使われているそうですよ。

今回は、このシアバターの使い方や効能について少しご紹介してみます。

シアバターの効能・使い方

シアバターは室温ではクリーム状の油脂。手に乗せると体温で溶けてオイル状になり、普通の美容オイルのように使うことができます。

シアバターにはステアリン酸やオレイン酸が非常に多く含まれており、皮脂を構成する成分に近いので肌に吸収されやすく、保湿や皮膚の保護に高い効果があるといわれています。特に保湿力は他のオイルやハンドクリームと比べても高く、乾燥肌の人にはおすすめです。

使い方としては普通の美容クリームとして顔や足などに塗ったり、またクレンジングオイルの代わりとして使用したりすることもできます。頭皮のケア用や洗髪時のトリートメントとして使うこともできますよ。

アロマオイル美容のキャリアオイルとしても

またアロマなどのオイル美容をするときに、キャリアオイルとしてシアバターを使うのもオススメです。シアバターは肌に優しく安全性も高いので、刺激の強いオイルなどには抵抗がある人でも安心して使うことができます。ただしアロマオイルをブレンドする時は、皮膚に少量つけてパッチテストをしてから使ってくださいね。

いかがでしたか?美容のさまざまな場面で多用途に使えるシアバター。ぜひ美容に取り入れてみてくださいね!

品川美容外科の訴訟について詳しく